読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書評とよべればいいけれど

本の紹介ブログです。解説というよりは感じたことを中心に、その本が読みたくなるような記事をめざします。

【書評】子供が主役の大人向け作品 ー『ペンギン・ハイウェイ』ー

お気に入りの本

先日、西加奈子さんの『まく子』について書きました。

 

今回は『まく子』と同じように、小学生が主人公の小説、

森見登美彦さんの『ペンギン・ハイウェイ』について書いていきます。

森見さんの作品はどれも表紙が可愛らしいですね。表紙が見えるように置いておきたい。

 

 

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

 

 

ペンギン・ハイウェイはこんなお話。

主人公のアオヤマ君は、毎日ノートをたくさん書く小学生。そんな彼が住む街に、ある日突然ペンギンが現れます。ペンギンの謎を解くカギを握っているのは、どうやら仲良しの歯科医院のお姉さん。アオヤマ君とその友人たちの冒険の物語、成長の物語です。

 

登場人物について

この作品は、他の森見作品に比べて文体が少しやわらかいです。

でもやっぱり、森見節は健在。

なんでしょう、森見作品に登場する大学生の小さい頃のようにも思えました。

他の森見作品同様、とても愛おしい登場人物たちです。

 

特にアオヤマ君やその友達。

彼らは、いろんなことを考えています。

読み始めは「こんなこと考えるかな?」と思ったのですが、「まさか考えているまい、と思うようなことを考えているのが子供」だということを思い出しました。

私も小学生の子と話すことがあるのですが、まさにそんな感じだなあと。

子供というのは大人が思っている以上に大人だ、という言葉を聞いたことがある気がしますが、まさにそれです。

そして知っていること総動員でいろんなことを考える。

以前ご紹介した『子どものことを子どもに聞く』でもそんな場面があったように思います。

 

いやはや、最近の自分は、世の中知らないことばかりだ、ということを知ってしまって、アオヤマ君たちのように知っていることだけで考えてみるということをしなくなってしまったような気がしています。

まっすぐなアオヤマ君たちが眩しかったです。

 

あと、他作品にも共通して思うことですが、森見さんの作品に登場する女性は魅力的な人ばかりですね。素敵。

 

作品の好きなところ

さて、この作品の終わり方。胸がきゅうっとします。

はあ。

私がこの作品で一番好きなところは、アオヤマ君の知っていることと知らないことの対比です。

アオヤマ君は、友人たちが知らないようなことも知っている、とても物知りな小学生です。

でも、友人たちがわかるようなことには疎かったりします。

知っていることと知らないこと。

そして「知らなかったこと」に気づくアオヤマ君。

この流れが本当に美しいなあと私は思いました。

 

『まく子』と『ペンギン・ハイウェイ

『まく子』と『ペンギン・ハイウェイ』。

どちらも主人公は小学生です。

この2作品から私が感じたことは、主人公が小学生だからこそ伝わるものがあるということです。

『まく子』は、子供でもわかる大切なこと、なのに大人になると忘れてしまうようなことを思い出させてくれました。

ペンギン・ハイウェイ』は、小学生も感じるその気持ちを、大人が感じるよりずっとシンプルに伝えてくれました。

飾ってないからこそ響くときもあります。

 

どちらもファンタジー要素があるので、それを聞いて読むのを躊躇う人もいると思います。

しかし、そこを一歩踏み出してほしい。

子供向けのようで大人向け、そんなおすすめの2冊です。