読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書評とよべればいいけれど

本の紹介ブログです。解説というよりは感じたことを中心に、その本が読みたくなるような記事をめざします。

【書評】旅行好きな人には『深夜特急』を読んでほしい

お気に入りの本 海外 衝撃

「今度イギリスまでいくんだ!」と言われたら、

いいなあ、とか、ほうほう、とか、いつ?とか、そんな反応をしますよね。

そのときに「どんな手段で行くの?」とはなりづらいです。

飛行機が普通だからです。

 

そんな「普通」を壊してくるのが、今回の題材、

沢木耕太郎さんの『深夜特急』です。

沢木耕太郎さんの旅行経験を基にした作品です。

どこまでノンフィクションで、どこからフィクションなのかわかりませんが、

主人公の描写は沢木さんご本人が思ったこと・感じたことなのかなと思っています。

 

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

 

  

冒頭でお話しした「イギリスまで行く」人、これがこの作品の主人公です。

でも彼は飛行機でびゅーんとは行きません。

彼はインドからイギリスまで、乗り合いのバスで行くんです。

私は本編を読む前、あらすじを読んで、「えっ?」となりました。

そんなこと考えたことなかったからです。

 

でもユーラシア大陸、つまり地続きなわけで。

そっかそっか行けるのか…行けるのか?となりました。

読む前から愕然とした私ですが、さらに驚きなのが、

旅行に行く前の主人公が持っていた情報は、読む前の私のそれとそんなに変わらないんですよね。

イギリスまでバスで行けるかを友人と賭けてるくらいです。

なにより行動力がすさまじい。

自分には到底できません。

 

私は計画するのが好きというのもあり、旅行の前にはいろんなことを調べます。

これは主に、旅行へのわくわく感が高まるというのもあるんですが、

やはり、見知らぬ地でのハプニングがこわいというのもあります。

せっかくなら行きたいところには行きたいし、食べるなら美味しいものを食べたい。

 

私はよく、とある友人と旅行に出かけるのですが、

一時期、ほぼ毎回「本日は誠に勝手ながらお休みさせていただきます。」というお知らせに出会っていました。

これは事前調査によってわかることもあれば、行ってみないとわからないこともあるわけで、

それならできることは事前にやっておこうじゃないかと、どんどん調べるようになりました。

それでも突然のお休みはあるんですが、いまやこのハプニングを楽しむことができるようになってきました。

どのハプニングもこうやって楽しめたらいいのですが、やはりそのときの焦りを思うと、準備したくなってしまいます。

 

でも旅行のハプニングって、出会ったときは焦っていたのに途中から楽しくなったり、あとで一番思い出すのがそれだったりしますよね。

あとで人に話すのも案外その部分だったりします。

 

そう考えると、ハプニングにもいいことあるじゃんと、この記事を書きながら思いました。

とりあえず国内から始めてみようかなあ。無計画の旅。

 

まとめ

 

この作品を読んで、自分は限られたところで生きているのだなということも感じました。

深夜特急』は、その限られたところから連れ出してくれます。

きっと地図を横において読んでも面白いんだろうなあ。

 

旅行は好きだけど、「放浪」は考えたことない人、

興味はあるけどちょっとまだこわい人、

おすすめです。

 

…と長々と書いてきましたが。

まだ、6冊ある文庫のうちの1冊目なんです。まだマカオにいるんです私。

インドでもないです。

ただこの読み始めの気持ちを残しておきたくて、このように記事を書いてみました。

6冊を読み終わるころにはきっとまた何か感じるところがあるのではないかと思います。

 

ということで、再び脳内ユーラシア放浪に行ってきます!