書評とよべればいいけれど

本の紹介ブログです。解説というよりは感じたことを中心に、その本が読みたくなるような記事をめざします。

海外

【書評】旅行好きな人には『深夜特急』を読んでほしい

「今度イギリスまでいくんだ!」と言われたら、 いいなあ、とか、ほうほう、とか、いつ?とか、そんな反応をしますよね。 そのときに「どんな手段で行くの?」とはなりづらいです。 飛行機が普通だからです。 そんな「普通」を壊してくるのが、今回の題材、 …

【書評】『ペンギンの憂鬱』は美しい灰色の小説

「2回も会うなんて…もしかして運命?!」 みたいなシーンってよくありますよね。 最近私もあったんです。小説と。 それがこちら、アンドレイ・クルコフさんの『ペンギンの憂鬱』(沼野恭子さん訳)です。 ペンギンの憂鬱 (新潮クレスト・ブックス) 作者: アン…