書評とよべればいいけれど

本の紹介ブログです。解説というよりは感じたことを中心に、その本が読みたくなるような記事をめざします。

ほのぼの

【書評】原田マハさんに会いたくなる『本日は、お日柄もよく』

小説を読んで、その奥にいる作家さんを感じることってありますか? 例えば私の場合は、 「あ、この作家さんぽい作品だな」 「おや、この作家さんにしては珍しい作品だな」 と思うことはよくあります。 しかしそこから先に進んで、 「この作家さんはどんな方…

【書評】フィンランドを訪れる前にちょっと一冊 『かもめ食堂』

フィンランドを訪れることになったら、この作品を読まないわけにはいかない。 群よう子さんの『かもめ食堂』です。 小林聡美さん主演で映画化もされている作品です。 かもめ食堂 (幻冬舎文庫) 作者: 群ようこ 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2008/08 メデ…

【書評】絵画鑑賞と読書をつなぐ『ジヴェルニーの食卓』

絵画。 絵が下手で手先は不器用、高校では脇目もふらずに音楽選択の私にとっては、遠い存在です。 絵画鑑賞に興味はあるんですが、どうにも楽しみ方がわからない。 そのまま「自分には難しい」と敬遠し、美術館に足を運ぶこともあまりありませんでした。 し…

【書評】なぜ本を読むのか?『夜を乗り越える』

又吉直樹さんの『夜を乗り越える』を読みました。 夜を乗り越える(小学館よしもと新書) 作者: 又吉直樹 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2016/06/01 メディア: 新書 この商品を含むブログ (12件) を見る お笑いコンビ・ピースの又吉さん、自身初の新書です…

【書評】これぞ福音館書店×西加奈子 -『まく子』-

またまた西加奈子さんの作品の記事を書こうと思います。 今回の題材は『まく子』です。 まく子 (福音館の単行本) 作者: 西加奈子 出版社/メーカー: 福音館書店 発売日: 2016/02/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る あらすじ 舞台はさび…

【書評】旅に出るという選択肢を与えてくれる小説『うつくしい人』

私には大好きな場所があります。 それは瀬戸内海の島々です。 一昨年訪れてからというもの、それはもうはまってしまいました。 いつ行っても穏やかな瀬戸内海と、島に流れるのんびりとした空気、美味しい食べ物… ああ非日常。 素朴と洗練が共存しているあの…

【書評】朝井リョウが朝井リョウたる所以 ー『学生時代にやらなくてもいい20のこと』-

今回は朝井リョウさんのエッセイ『学生時代にやらなくてもいい20のこと』について書いてみようと思います。 学生時代にやらなくてもいい20のこと 作者: 朝井リョウ 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2012/06 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 12回 こ…

【書評】星野源から学ぶ、生活を面白くする方法 ー『そして生活はつづく』ー

帰るとき、ふと、今日が終わってまた明日が来るな、と思ったりします。 朝起きて、また今日が始まるな、と思うときもあります。 嫌なことがあるわけではないけど、なんか面白くない。つまらない。 そんなことってありませんか? 今回の題材は、星野源さんの…

【書評】子育て中の人に読んでほしい!『子どものことを子どもにきく』

今日は私が小さいころ何度も何度も読み返していた本について書こうと思います。 杉山亮さんの『子どものことを子どもにきく』です。 子どものことを子どもにきく (新潮OH!文庫) 作者: 杉山亮 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2000/10 メディア: 文庫 購入: …

【書評】毎日に疲れた人におすすめの小説『海の見える理髪店』

今回ご紹介するのは荻原浩さんの『海の見える理髪店』です。 海の見える理髪店 作者: 荻原浩 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2016/03/25 メディア: ハードカバー この商品を含むブログ (9件) を見る ずいぶんと長い間平積みされてるな、と本屋で手を伸ばし…