読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書評とよべればいいけれど

本の紹介ブログです。解説というよりは感じたことを中心に、その本が読みたくなるような記事をめざします。

【書評】フィンランドを訪れる前にちょっと一冊 『かもめ食堂』

ほのぼの 小説

フィンランドを訪れることになったら、この作品を読まないわけにはいかない。

群よう子さんの『かもめ食堂』です。

小林聡美さん主演で映画化もされている作品です。

 

かもめ食堂 (幻冬舎文庫)

かもめ食堂 (幻冬舎文庫)

 

  

 

かもめ食堂 [DVD]

かもめ食堂 [DVD]

 

 

サチエは単身フィンランドに渡って、「かもめ食堂」というお店を開きます。

そこには日本かぶれの青年や、観光を目的とせずにフィンランドにやってきた日本人女性。

店を睨み付ける人もいれば、身なりがあまりよくない人もやってくる。

皆それぞれいろんな事情があるけれど、それを包み込むようなお店と人々がそこにはあります。幸せな気持ちになる物語です。

 

この作品を読んで

 

かもめ食堂』では、途中で大きな事件が発生するかというとそんなことはなく、穏やかにそして朗らかに物語が進んでいきます。

「皆それぞれいろんな事情がある」と書きましたが、日本かぶれの青年についてはそういった描写がありません。

毎日のようにやってきて、片言の日本語をしゃべる彼はどこか憎めなくて、

この作品を一段と朗らかにしている気がしました。

あと、無性におにぎりが食べたくなります。

炊きたてほかほかのご飯でつくるおにぎり…!

フィンランドでごはんやさんか。いいなあ。

そんな気持ちになるのは私だけではないはずです。

 

小説『かもめ食堂』と映画『かもめ食堂

 

小説を読んだ後、映画を観ました。

皆さんは、小説とその作品の映画があったら、どちらを先に手にしますか?

私は多くの場合、小説を先に読みます。

映画を先に観ると、私の場合、小説を読んでいるときの頭の中が、すべて映画そのままになってしまい、その作品の世界をまるごと想像するという楽しさがなくなってしまうからです。

もちろん、どちらが先の方がいいというわけではありません。

上記のような理由で、映画を先に観ると、その作品の世界を想像しやすくなって楽しいという方もいると思います。つまりは好みですね。

 

今回小説を読んで、そしてその後に映画を観て感じたこと。

まず小説と映画の共通点、その世界に流れる空気感です。小説を読んでいて感じた穏やかな空気・朗らかな空気を、映画でも感じました。

そして異なる点。

小説『かもめ食堂』では、それぞれの登場人物の行動の背景を丁寧に語っています。

サチエはどんな流れで日本からフィンランドへやってきたのか。

ミドリはなぜフィンランドへやってきたのか。なぜ地図を指さしたのか。

そこの流れがきちんと描かれています。

映画ではそのあたりがあまり描かれていません。

あと、おにぎりの浸透具合。小説では最後、おにぎりを現地の人が食べてみて「おいしい気がする」と述べますが、映画の「かもめ食堂」では、最終的に、いろんなお客さんがおにぎりを注文して食べる様子が描かれます。

つまり、小説は登場人物の過去にもスポットをあてながら物語が進み、おにぎりが受け入れられる頃までを、

映画では過去はあまり語らず、おにぎりが浸透する頃までを中心に描いているのだと思いました。

サチエがお店を開いてから、おにぎりが受け入れられるまで。この期間は共通していますが、小説はそれより前を、映画ではそれより先を少しずつ描いているのではないでしょうか。

 

小説『かもめ食堂』と映画『かもめ食堂』。

この2つは同じ空気感を持ちながらも、描いていることは全く同じではなくて、

だからこそ、小説と映画の両方を手に取ってほしい。

片方だけのときよりも、『かもめ食堂』という作品を、より立体的に感じることができると思います。

 

フィンランドを訪れる予定のある人だけではなく、

あたたかい作品を読みたい人におすすめの一冊です。

 

 

【書評】絵画鑑賞と読書をつなぐ『ジヴェルニーの食卓』

お気に入りの本 小説 ほのぼの

絵画。

絵が下手で手先は不器用、高校では脇目もふらずに音楽選択の私にとっては、遠い存在です。

絵画鑑賞に興味はあるんですが、どうにも楽しみ方がわからない。

そのまま「自分には難しい」と敬遠し、美術館に足を運ぶこともあまりありませんでした。

 

しかし、今回ご紹介する作品を読み終わったいま、美術館に行きたくなっている自分がいます。

今回は原田マハさんの『ジヴェルニーの食卓』について書いてみようと思います。

 

ジヴェルニーの食卓 (集英社文庫)

ジヴェルニーの食卓 (集英社文庫)

 

 

 この作品について

 

この作品は4つの短編で構成されています。

それぞれの短編はすべて、実在する画家とまわりの人々のお話です。

マティス、ドガ、セザンヌ、そしてモネ。

物語は、それぞれの画家と交流のあった女性の口から語られ、ピカソゴッホも顔を出す。

読んでいると、頭の中が色鮮やかになる、そんな作品でした。

原田マハさんの作品は初めて読んだのですが、とても綺麗で読みやすい文章を書かれるのだなあという印象を持ちました。

手紙やインタビューに答える形式で話が進んでいく短編もあったので、一段と読みやすかったように思います。

 

絵画鑑賞と読書

 

絵画鑑賞とかけ離れた存在だった私ですが、読むうちに、作中に登場する画家の絵が気になって気になって、ついには検索しながら読んでいました。

どこかで鑑賞できないものかと美術館も探してしまいました。

私のように、「絵画ってなんだか難しそうで…」と感じている方にぜひおすすめしたい作品です。

 

一方、日頃から絵画鑑賞が好きな人が読んだらどんな感想をもつのでしょう。

きっと絵画鑑賞が好きな人にとっても面白いのではないかと思うのですが、読後感はきっと、私のそれとは違うような気がします。

 

さらに、絵画鑑賞は好きだけど読書は苦手な人。読書に興味はあるものの苦手意識を持っている人。

これはあくまで予想になってしまいますが、その人は、読書について、私にとっての絵画鑑賞と同じように感じているのではないでしょうか。

自分にはわからない。なんだか難しい。

もし絵画鑑賞に興味があれば、『ジヴェルニーの食卓』は、その人の読書への苦手意識を払拭することができる作品なのではないかと思いました。

ちょうど絵画鑑賞に苦手意識を抱いていた私が、美術館に行きたくなったように。

 

『ジヴェルニーの食卓』は絵画鑑賞と読書をつなぐ、そんな力のある作品です。

絵画鑑賞と読書どちらか、もしくはどちらも好きな人におすすめの一冊。

 

 

【書評】子供が主役の大人向け作品 ー『ペンギン・ハイウェイ』ー

お気に入りの本

先日、西加奈子さんの『まく子』について書きました。

 

今回は『まく子』と同じように、小学生が主人公の小説、

森見登美彦さんの『ペンギン・ハイウェイ』について書いていきます。

森見さんの作品はどれも表紙が可愛らしいですね。表紙が見えるように置いておきたい。

 

 

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

 

 

ペンギン・ハイウェイはこんなお話。

主人公のアオヤマ君は、毎日ノートをたくさん書く小学生。そんな彼が住む街に、ある日突然ペンギンが現れます。ペンギンの謎を解くカギを握っているのは、どうやら仲良しの歯科医院のお姉さん。アオヤマ君とその友人たちの冒険の物語、成長の物語です。

 

登場人物について

この作品は、他の森見作品に比べて文体が少しやわらかいです。

でもやっぱり、森見節は健在。

なんでしょう、森見作品に登場する大学生の小さい頃のようにも思えました。

他の森見作品同様、とても愛おしい登場人物たちです。

 

特にアオヤマ君やその友達。

彼らは、いろんなことを考えています。

読み始めは「こんなこと考えるかな?」と思ったのですが、「まさか考えているまい、と思うようなことを考えているのが子供」だということを思い出しました。

私も小学生の子と話すことがあるのですが、まさにそんな感じだなあと。

子供というのは大人が思っている以上に大人だ、という言葉を聞いたことがある気がしますが、まさにそれです。

そして知っていること総動員でいろんなことを考える。

以前ご紹介した『子どものことを子どもに聞く』でもそんな場面があったように思います。

 

いやはや、最近の自分は、世の中知らないことばかりだ、ということを知ってしまって、アオヤマ君たちのように知っていることだけで考えてみるということをしなくなってしまったような気がしています。

まっすぐなアオヤマ君たちが眩しかったです。

 

あと、他作品にも共通して思うことですが、森見さんの作品に登場する女性は魅力的な人ばかりですね。素敵。

 

作品の好きなところ

さて、この作品の終わり方。胸がきゅうっとします。

はあ。

私がこの作品で一番好きなところは、アオヤマ君の知っていることと知らないことの対比です。

アオヤマ君は、友人たちが知らないようなことも知っている、とても物知りな小学生です。

でも、友人たちがわかるようなことには疎かったりします。

知っていることと知らないこと。

そして「知らなかったこと」に気づくアオヤマ君。

この流れが本当に美しいなあと私は思いました。

 

『まく子』と『ペンギン・ハイウェイ

『まく子』と『ペンギン・ハイウェイ』。

どちらも主人公は小学生です。

この2作品から私が感じたことは、主人公が小学生だからこそ伝わるものがあるということです。

『まく子』は、子供でもわかる大切なこと、なのに大人になると忘れてしまうようなことを思い出させてくれました。

ペンギン・ハイウェイ』は、小学生も感じるその気持ちを、大人が感じるよりずっとシンプルに伝えてくれました。

飾ってないからこそ響くときもあります。

 

どちらもファンタジー要素があるので、それを聞いて読むのを躊躇う人もいると思います。

しかし、そこを一歩踏み出してほしい。

子供向けのようで大人向け、そんなおすすめの2冊です。

【書評】なぜ本を読むのか?『夜を乗り越える』

お気に入りの本 ほのぼの エッセイ 衝撃

又吉直樹さんの『夜を乗り越える』を読みました。

 

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)

 

 

お笑いコンビ・ピースの又吉さん、自身初の新書です。

これ、本当に読んでよかったです。

どんな内容かというと、

「なぜ本を読むのか」「文学とは何か」といった問いを、又吉さんが自身の経験を基に考えていく感じ。

話しているような文体で、とても読みやすいです。

 

私にとってこの本は、

「自分が本を読む理由を、整理すると同時に身をもって感じることができる本」

でした。ではなぜそう思ったか。

又吉さんは本の魅力を「感覚の確認と発見」という言葉で表しているので、その2つに分けてお話しします。

 

感覚の確認

又吉さんはご自身の幼少時代を以下のように振り返っています。

 みんなは僕がいつもそんな風に振る舞うから、僕のことを明るい人間だと感じていたと思います。でも、本当は葛藤していました。自分は、本当はこんなキャラクターではない。こんな明るい人間ではない。そんなことを誰にも相談できず、ずっと自分の中だけで考え続けていました。

 

私もそうでした。自分は本当はそんな人間ではない。

「自分が考える『自分』」と「周りが考える『自分』」の乖離。

今でこそ、そのどちらもが自分だと思えるのですが、そう思えなかった頃は、苦しむときもありました。そして又吉さんと同じように、私もその悩みを誰と分かち合うでもなく、考え続けていました。

この本を読んで、ようやく一人じゃないことに気付くことができました。嬉しかったです。

その頃のつらさを思い出したからか、共感に出会えたからか、涙が出てきました。

 

さらに、本の魅力について考える章ではこのように書いています。

僕が本を読んでいて、おもしろいなあ、この瞬間だなあと思うのは、普段からなんとなく感じている細かい感覚や自分の中で曖昧模糊としていた感情を、文章で的確に表現された時です。自分の感覚の確認。つまり共感です。

(中略)

言葉にできないであろう複雑な感情が明確に描写された時、「うわ、これや!」と思うんです。正確には「これやったんや」と思っているのかもしれません。自分の心の中で散らかっていた感情を整理できる。 

 

 私にとってこの本は、「昔の自分ってこういう状態やったんや」であり、

「本を読んで衝撃を受けるっていうのは共感やったんや」でした。

共感のダブルパンチです。

 

感覚の発見 

読書のもうひとつの魅力について、又吉さんは引き続きこのように書いています。

 本を読むことによって、これまで自分が持っていなかった新しい感覚が発見できることです。例えば中高生の頃、本の中で不倫がテーマとして描かれていたら、もちろん自分には経験がないけど、主人公がどんな判断、言動をするのか、それを知ることも感覚の発見のひとつです。もしくは、自分が経験でき得る状況にあることが描かれている場合でも、「え、そこでそうするんだ」「なるほど、その手があったか」というのも感覚の発見だと思います。

(中略)

言い換えれば読書によって今までなかった視点が自分の中に増えるということです。

 

この読み方自体も私にとっては発見でした。

私は読みながら、「もし自分だったらどうするか」「自分とここは同じでここは違う」というようなことを考えます。

しかしそれを「感覚の発見」と捉えて、視点を増やすことはできていませんでした。

 「なるほど、この読み方があったか」「うわ、これが感覚の発見か」となったわけです。

 

このように、私はこの本を読んで、「感覚の確認」と「感覚の発見」を感じるとともに、その感情を「感覚の確認と発見」だと整理することができたのです。

 

まとめ

この本は、

日頃本を読まないけど読書が気になっている人

はもちろん

読書が大好きな人にもおすすめしたい一冊です。

 

他にも、いろんな人におすすめしたいです。

例えば近代文学が気になっている人。

今まで近代文学を敬遠してしまっていた私ですが、読んでみたくなりました。

 

『火花』を読んだ人。

『火花』を執筆した背景がちらりと見えて、もう一回読みたいなと思いました。

 

ピースのコントが好きな人。というか又吉さんを知っている人。

又吉さんのエッセイを読む感覚でぜひ手に取ってみてほしい。

私もきっかけはこれでした。

自分以外の人がどんなことを考えているのか、それが垣間見えるのはエッセイの面白いところだなあと思っています。

 

又吉さんはきっと、自分のように悩む人が、自分のように本に助けられる機会をつくろうと全力でこの本を書いたのだろうなあ。

それが読み手に伝わってくる、あたたかい一冊です。

【書評】これぞ福音館書店×西加奈子 -『まく子』-

ほのぼの 小説

またまた西加奈子さんの作品の記事を書こうと思います。

今回の題材は『まく子』です。

 

まく子 (福音館の単行本)

まく子 (福音館の単行本)

 

 

あらすじ

舞台はさびれた温泉街。皆が皆のことを知っていて、噂なんてすぐ広まってしまう集落。

主人公・慧は、知っている皆が、そして自分が「成長」していくことに否定的な少年です。

そんな集落に、一人の少女・コズエがやってきます。とても綺麗で、とても変わっているコズエには秘密があります。そんなコズエと慧、そして集落の皆の変化を描いた物語です。

 

この作品を読んで

この作品を読んでいる途中に感じたことは、「中学受験の国語の問題に出てきそう」です。

主人公が小学生で、その世界を読みやすい文体で描いているという特徴が、そう思わせたのだと思います。

 

しかし読み終わった後。この作品のターゲットはきっと大人だと感じました。

どんな大人にも、子供時代があります。その子供時代を描いた作品で、読み手の現在に訴えかける、そんな作品だと思います。

 

主人公は物語の中であることに気付きます。

それはとてもシンプルなことで、子供でもわかるようなこと。

でもそれを忘れてしまっている大人はきっと少なくなくて。

そういうことを思い出させてくれる小説だと思います。

 

読み終わった後、この作品が福音館書店から出版されていることに気が付きました。

なるほどー!

何だか妙に納得しました。

読んでほっこりする、ぽかぽかあたたかい作品です。

 

 

 その他の西加奈子作品についての記事はこちら↓

 

c82.hatenablog.com

 

 

c82.hatenablog.com

 

【書評】旅に出るという選択肢を与えてくれる小説『うつくしい人』

お気に入りの本 ほのぼの 小説

私には大好きな場所があります。

それは瀬戸内海の島々です。

一昨年訪れてからというもの、それはもうはまってしまいました。

いつ行っても穏やかな瀬戸内海と、島に流れるのんびりとした空気、美味しい食べ物…

ああ非日常。

素朴と洗練が共存しているあの島々が大好きなのです。

 

その島へ一緒に行った友人が教えてくれたのが、今回の題材です。

「あの小説は多分この島が舞台になってるよ」と。

大好きな場所と大好きな作家さんが揃ってしまっては、読まないわけにはいきません。

今回の題材は、西加奈子さんの『うつくしい人』です。

(少なくともあとがきでは、島の名前は明言されていないので、そこについては書かないでおきます。)

 

うつくしい人 (幻冬舎文庫)

うつくしい人 (幻冬舎文庫)

 

 

ある日ぷつんと糸が切れたようになってしまった主人公・百合が、ふと思い立って向かった島。百合の心は、そこで出会う人や過ごす時間によってほぐれていく。

ざっくり言うと、こんな感じのお話です。

あらすじからも分かるように、瀬戸内海のように穏やかな小説です。

言い方を変えれば、大きな波はなく、ストーリーを追って読んだ私にとっては、話の細かいところをずっと覚えている、という作品ではありません。

しかし、この本は近くに置いておきたい。

その理由を書いてみようと思います。

 

この作品を読んで

西加奈子さんはあとがきで、このように書いています。

 執筆に取りかかった当時、私は、心の表面張力がぱんぱん、無駄な自意識と自己嫌悪にさいなまれ、うっかり傷つく中二状態が続いていた面倒な三十路女性で、些細な出来事を敏感に受け取り、いや受け取りすぎ、何かしらびくびくしては、酒を食らって泥酔、翌日東京を出ようと決心して布団から出ない、ということの繰り返しでした。

 

なんかもう、めちゃめちゃわかります。

「無駄な自意識と自己嫌悪」「些細な出来事を敏感に受け取りすぎる」「何かしらびくびくする」

あるあるーーーーーって感じです。

これが、この作品を執筆していた時の西さんであり、この作品の主人公なのです。

 

私がこの作品を読んだ時は、島に行った直後というのもあり、比較的ご機嫌でした。

つまり上記のような状態ではなくて、ストーリーを追う読み方でこの作品を読みました。

しかしもし、上記のような、西さんのような状態だったら。

この主人公は自分で、自分はこの主人公で、

自分のことのように作品を読んで、そうしてすっきりする、というような読み方になっていたのではないかと思います。

 

つまり、主人公のような状態になってしまったとき、

そんなときはまずこの作品を読もう。そう思ったわけです。

この作品を読んですっきりしたり、はたまた旅に出たくなったり。

きっと読んだ後、行動できるのではないかなと思っています。

 

まとめ

今回ご紹介した『うつくしい人』は、読み手が感情移入しやすい登場人物がいて、その登場人物が前を向くことで、読み手も前を向くことができる、そんな作品だと思います。

『サラバ!』もまた然り、ですね。

いやはや、悩んだ時には西加奈子作品!

引き続き他の作品も読んでいきたいと思います。

 

 

その他の西加奈子作品の記事はこちら↓

 

c82.hatenablog.com

 

【書評】旅行好きな人には『深夜特急』を読んでほしい

お気に入りの本 海外 衝撃

「今度イギリスまでいくんだ!」と言われたら、

いいなあ、とか、ほうほう、とか、いつ?とか、そんな反応をしますよね。

そのときに「どんな手段で行くの?」とはなりづらいです。

飛行機が普通だからです。

 

そんな「普通」を壊してくるのが、今回の題材、

沢木耕太郎さんの『深夜特急』です。

沢木耕太郎さんの旅行経験を基にした作品です。

どこまでノンフィクションで、どこからフィクションなのかわかりませんが、

主人公の描写は沢木さんご本人が思ったこと・感じたことなのかなと思っています。

 

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

 

  

冒頭でお話しした「イギリスまで行く」人、これがこの作品の主人公です。

でも彼は飛行機でびゅーんとは行きません。

彼はインドからイギリスまで、乗り合いのバスで行くんです。

私は本編を読む前、あらすじを読んで、「えっ?」となりました。

そんなこと考えたことなかったからです。

 

でもユーラシア大陸、つまり地続きなわけで。

そっかそっか行けるのか…行けるのか?となりました。

読む前から愕然とした私ですが、さらに驚きなのが、

旅行に行く前の主人公が持っていた情報は、読む前の私のそれとそんなに変わらないんですよね。

イギリスまでバスで行けるかを友人と賭けてるくらいです。

なにより行動力がすさまじい。

自分には到底できません。

 

私は計画するのが好きというのもあり、旅行の前にはいろんなことを調べます。

これは主に、旅行へのわくわく感が高まるというのもあるんですが、

やはり、見知らぬ地でのハプニングがこわいというのもあります。

せっかくなら行きたいところには行きたいし、食べるなら美味しいものを食べたい。

 

私はよく、とある友人と旅行に出かけるのですが、

一時期、ほぼ毎回「本日は誠に勝手ながらお休みさせていただきます。」というお知らせに出会っていました。

これは事前調査によってわかることもあれば、行ってみないとわからないこともあるわけで、

それならできることは事前にやっておこうじゃないかと、どんどん調べるようになりました。

それでも突然のお休みはあるんですが、いまやこのハプニングを楽しむことができるようになってきました。

どのハプニングもこうやって楽しめたらいいのですが、やはりそのときの焦りを思うと、準備したくなってしまいます。

 

でも旅行のハプニングって、出会ったときは焦っていたのに途中から楽しくなったり、あとで一番思い出すのがそれだったりしますよね。

あとで人に話すのも案外その部分だったりします。

 

そう考えると、ハプニングにもいいことあるじゃんと、この記事を書きながら思いました。

とりあえず国内から始めてみようかなあ。無計画の旅。

 

まとめ

 

この作品を読んで、自分は限られたところで生きているのだなということも感じました。

深夜特急』は、その限られたところから連れ出してくれます。

きっと地図を横において読んでも面白いんだろうなあ。

 

旅行は好きだけど、「放浪」は考えたことない人、

興味はあるけどちょっとまだこわい人、

おすすめです。

 

…と長々と書いてきましたが。

まだ、6冊ある文庫のうちの1冊目なんです。まだマカオにいるんです私。

インドでもないです。

ただこの読み始めの気持ちを残しておきたくて、このように記事を書いてみました。

6冊を読み終わるころにはきっとまた何か感じるところがあるのではないかと思います。

 

ということで、再び脳内ユーラシア放浪に行ってきます!